20170213 読書の冬

今日もよい天気だった。
我が家の、僅かに確認できる
狭い幾何学スペースの青が濃かった。

すっかり太陽が地平線の向う側に行ってしまった夕方に買い物に出掛けたら、
北風が強くてめっちゃ寒かった。



さて、もしかすると?このブログで「本」話題は初めてかも?
いや!二度目だ。 …まぁいい。

昨年、自閉症の男の子が綴った本の特集番組を観た。
一言で、ものすごく衝撃的だった。

この番組を観て
この少年が書いた本を読みたくなり、
図書館で予約した。
番組の直後だったから3週間ほどかかった。

自閉症の人とコミュニケーションをとるのは、
身内以外はかなり不可能なことだろうと思っていた。
どう接していいのか判らなかったし、
実際困った事もあった。

今後この障害を持っている人と会った時に
どうすればいいのかが、少しわかった気がした。


障害有無じゃなくてありのまま接するしかできない。
うーん。言葉にすると難しいな。

彼らは、私的にある意味「天使」そのもの。
本来の「動物(人間)」なんだ。

言葉ってどんどん、おかしな方に向かってしまうし、
相手の受け止め方によっていろいろへんげしてしまう。

思いをそのまま相手にテレパシーみたいに届けられたら
どんなにいいだろうって20代の頃からずっと思っていることだが。

利害関係なく、素のままで生きられたらどんなにいいだろう。
こう思うのは私だけ?

とにかく、すごく伝えにくいんだけど私の思っている通りの天使。
こう表現って人によっては何言っちゃってんの?w だけどね。


この彼が、今後の治療の糧に成ればと、
苦痛なMRIにも挑む姿にも驚いた。

この障害の治療法が見つかる日もそう遠くないのかもしれないし、
人間の尊厳とか可能性とか、とてつもない宇宙の生命とか、
計り知れないことを改めて、そして期待して。。。

興味ある人は読んでみてね。

e0148691_23102007.jpge0148691_23155161.jpg


[PR]
by ssrx-2008 | 2017-02-14 01:07 | いろいろ | Comments(0)

ラヴでピースフルな1日を!


by ssrx-2008
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30